不動産買取における契約締結後の流れ

自己所有の不動産がある場合でも、現在使っていないケースがあるかもしれません。使っていない場合は、固定資産税だけを支払うことになり、その不動産を所有している意味はあまりないといえます。むしろ、金食い虫になるといっても言い過ぎではありません。そこで、本当に必要ないならば自分の不動産を不動産買取に出してしまうのが良いでしょう。不動産買取の場合には、契約をすることで買取がスタートしますが契約締結後の流れはどうなるか気になるところです。

基本的に、契約の種類によって大きく異なりますが、例えば一般契約の場合にはいくつかの不動産会社が介入するため、比較的早い段階で売却できる可能性があります。これに対して媒介契約の場合には、定期的に不動産会社からの報告を待つことになります。場合によっては、不動産会社との話し合いの中で値段を下げることも必要かもしれません。