仲介との違いを把握して空き家買取を利用しよう!

親が他界して家を相続したとき、誰も他に住んでいる人がいない家は空き家になります。家は、人がいない状態が続くと空気の流れがなくなるなど傷みやすくなるので、空き家の期間が長くなると価値が下がる傾向があります。

このような物件は仲介を利用するよりも空き家買取を使った方が短期間で売却ができるメリットがあるのですが、空き家買取と仲介の違いは購入するのが一般の人になるのが仲介、空き家買取は不動産会社が直接物件を買取するので、後者の方が売れるまでの期間を短縮できるメリットがあります。もちろん、利便性が良い環境にある場合には仲介を使っても直ぐに買い手が見つかることもあるのですが、長期間空き家になっている場合は買取を使った方が短期売却が可能になります。